お弁当に缶詰の果物を冷凍して入れる訳は?夏は保冷剤代わりにも!

夏のお弁当のデザート(果物)はどうしていますか?お仕事をしてランチタイムになったらゆっくりお弁当を食べて、果物のデザートも食べてホッと落ち着きたいですよね。夏のお弁当は腐らないように気を遣います。

りんごのコンポート

夏のお弁当に果物を入れるときはどうしたら美味しくいただけるのかを調べました。果物を冷凍してお弁当に入れたら保冷剤代わりになるけれど、解凍したときにどうなっていると思いますか?

おすすめは缶詰なんですよ。詳しくは本文を読んでくださいね。

お弁当に缶詰の果物を冷凍して入れる訳は?

みかんの缶詰

生の果物を冷やして食べるのが一番美味しいのですが、夏に冷たい果物を持っていっても暑さで生ぬるくなってしまいます。カットした果物は細菌が付く恐れもありますから、夏はやめた方が良いです。

かといってカットした果物を冷凍してお弁当に入れても、食べるときまでに完全に解凍されてしまうと、水分の多い果物はぐちゃぐちゃになってしまって食べられません。冷凍のうちに食べれば美味しくても、溶けてしまうと不味いんです。

バナナやなしは冷凍してから解凍すると変色してしまいます。メロンやキウイフルーツ、いちごやぶどうも冷たいと美味しいですが、解凍されると水分が出てしまって、黒くてぶよぶよになって美味しくありません。

生の果物をホームフリージングするのはダメですね。

冷凍で売っている果物なら大丈夫ですよ。パイナップルやぶどう、ベリー系などありますよね。朝、タッパーに入れるとお昼にちょうどよく解凍しています。

解凍されても大丈夫な果物はあるのでしょうか?

パイナップルの缶詰

  • 缶詰の果物です!

缶詰の果物なら汁を切ってから冷凍したものを密閉式のタッパーに入れれば、解凍しても大丈夫です。小さなタッパーに入れてから冷凍して、それを朝、冷凍庫から取り出して持参しても良いですよね。

缶詰を開けたときにいくつかまとめて作っておけば楽ちんです。缶詰でなくても自分でシロップ(砂糖水)で煮てコンポートにすれば大丈夫です。

一個ずつ凍らせる場合には、平なお皿にクッキングシートを敷いてから水切りしたフルーツ缶詰めを並べます。お皿の上に直に並べると剥がしにくいですが、クッキングシートを敷くと凍った果物を剥がしやすいです。

生のくだものよりも缶詰の方がお手頃価格だったりしますから、結構気に入っています。

カップ入りのミニゼリーを冷凍にしても良いですね。

お弁当に果物を入れるなら夏は要注意!

りんご丸ごと

お弁当にカットした生の果物を入れるのは夏以外の季節が良いですね。缶詰やシロップで煮たコンポートなら冷凍したものを持って行って、その後解凍しても大丈夫ですけれどね。

トマトは野菜ですが、カットしてお弁当に入れたら腐っていたこともあるんですよ。夏の暑さは恐ろしいです。ミニトマトのようにカットしないものを食べる方が安全です。包丁で切ってしまうと細菌が繁殖します。

ミカンをカットせずに1個そのまま持っていく方が良いです。

保冷バッグに凍った保冷剤を何個か入れて持っていく場合には、冷蔵庫で冷やした果物を持って行っても大丈夫です。保冷バッグに保冷剤を何個か入れて、ご飯とおかずと果物で結構荷物は増えますよね~。

お昼ご飯のお弁当に力入ってる感じ、大好きです。

夏のお弁当に保冷剤代わりになるものは?

リンゴのコンポート小分け

カップ入りのミニゼリーを冷凍するのは夏場の定番ですね。保冷剤代わりにもなるデザートです。缶詰の果物も冷凍にすれば保冷剤代わりになります。

小さな紙パックのジュースを凍らせて持っていけば、ランチタイム頃には解凍されていて冷たく飲めます。保冷剤代わりになって良いですね。まだ半解凍だったらスプーンでシャキシャキとシャーベットを食べる感覚でも美味しいです。

絞ったおしぼりを冷凍庫に入れて凍らせておくのも良いですよ。

この記事のおわりに

果物とまだ暖かいお弁当が一緒にならないように気をつけてくださいね。オフィスなら冷房が効いていますからあまり心配しなくても大丈夫ですけれど、途中どのくらい歩くのか?とか、外にバッグを置いておく時間があるときなどは、お弁当に気を付けてくださいね。

みかん、パイナップル、桃などの缶詰の果物を半解凍で食べるのが夏のお弁当のデザートには一番美味しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!