インフルエンザで食事を作るのは感染しない?料理はいつからして良いの?

インフルエンザにかかってしまったときに、家族に食事を作っても家族に感染しないでしょうか?もちろん自分が高熱でふらふらなら、食事をつくれないからコンビニを利用したいですけれどね。

夫ならともかく(?!)子どもがいたら子どもにはなるべく食事をつくってあげたいですし、夫の帰りが仕事が忙しくて遅いなら、インフルエンザにかかっていても自分がなんとかしなくてはなりません。

インフルエンザにかかった場合、家族への料理はいつから作って良いのか調べて記事にしました。本文を読んでくださいね。

インフルエンザで食事を作るのは感染しないの?

お母さんがインフルエンザにかかった場合、お母さんが食事を作ったらその料理を食べた家族にインフルエンザがうつるのか?!という疑問の答えは、「大丈夫です。うつりません。」でも本当はインフルエンザにかかったお母さんにはゆっくり休んでもらいたいですけれどね。

インフルエンザ菌の感染経路は飛沫感染なので、咳や会話をしたときにインフルエンザ菌が飛び散らないようにマスクをします。手を良く洗って消毒してから調理すれば大丈夫でしょう。もっと念入りに気を付けたいなら調理時用の手袋をするのもよいですね。

素手でも洗浄していれば大丈夫ですが、素手だと無意識のうちに、鼻や口を触ってしまうこともあるかもしれません。ちょっと顔が痒かったりとかして、せっかく手を洗っていても痒い場所をかいてしまったりしがちです。

だけど手袋をしていることで、おっといけない!と気がつくものです。でも、いちいち手袋するのも結構面倒くさいですよね。それに料理用手袋が家にないかもしれませんし。なので料理をするときはいろいろな場所を手で触らないと強く意識しながら料理すれば良いと思います。

私の場合は自分がインフルにかかっていてもお料理していましたよ。もちろんお料理できるくらいの体力があるときです。それから加熱料理がいいそうです。できれば野菜も生野菜よりも火を通した野菜の方が、万が一インフルエンザ菌が付いても加熱によって死滅します。

不織布性マスクやN95以上の規格のものがウイルスを通しにくいので良いです。めがねをしている人はめがねをしても曇らないマスクでないと長時間マスクをしていられませんよね。

おすすめのマスクはこちら!

特にめがねをしている方には三次元マスクがおすすめです。

インフルエンザで料理はいつからして良いの?

前の章で書いたとおり、インフルエンザは飛沫感染がほとんどですから、手を念入りに洗って、マスクをして、唾液が飛ばないように注意して食事を作ればいつからでも良いです。

高熱があって動けないときは料理なんて心配しないで、家族にはコンビニのお弁当で食事をとってもらいましょう。夫が作ってくれたら嬉しいですよね。水分をとることが重要ですから ミネラルも含むスポーツドリンクを買ってきてもらいたいです。

そして消化の良い物を食べたいので、雑炊やスープが水分も一緒に取れて良いですね。おかゆやおじや、卵雑炊がおすすめなんだそうです。私ならヨーグルトや冷や奴、ゼリー、プリン、フルーツが食べたいです。

ジンジャー紅茶は良さそうですが、紅茶やコーヒーはカフェインが含まれているので避けた方が良い飲み物なんです。なのでジンジャースープの方が良いですよね。納豆とかおうどんも食べる食欲があったら食べます。あたたかい飲み物が良いとのことですから野菜スープを作りたいです。

インフルになるならないは別として、身体の具合の悪いときのために食料や消耗品などの買い置きをしておくと良いですね。一人暮らしの場合には、高熱があってもマスクをして買い物に出かけることになると思います。

私の一人暮らしの娘も熱が出たとき、一人暮らしが切なかったと言っています。私も同じ経験はありますよ。一人暮らしのときも、結婚してからも、高熱なのにマスクをしてささっと買い物をしに外出したことはあります。

お買い物のために外出したとき、誰とも話さなかったし、誰にもうつしていないと思います。そう願っています。

さらに言うとインフルエンザの人とは別のお部屋で寝るようにと言われていますが、子供が幼いころ、子供がインフルでも私は同じ部屋で寝ていました。部屋数もそんなにないし、高熱の子どもを一人で寝かせておくのも心配でした。

お父さんは仕事があるからインフルエンザがうつらないように別のお部屋で寝ていました。

幼い子供を育てている時期って、ガイダンス通りにいかなかったり、効率的に行かないことがたくさんあるけれど、それでもどうにかこうにか乗り切ってこられました。生きていくのって大変。

インフルエンザで布団に嘔吐してしまった場合にはどうする?
⇊   ⇊   ⇊
インフルエンザで嘔吐処理した布団はどうする?発熱で汗をかいたあとは?

この記事のおわりに

インフルエンザは冬にかかるものかと思っていましたが、6月だってインフルエンザにかかるそうです。1年中インフルエンザにかかる可能性があるなんてびっくりです。

ところでみきママで有名なブログ「藤原家の毎日家ご飯」では家族全員インフルエンザのときには塩ちゃんこラーメン鍋にしていましたよ。やっぱり麺類はのどごし良くて食べやすいですよね。それに鍋なら十分加熱してありますから、家族にうつらなくて良いかもしれません。

と、ここまで考えて、藤原家の家族全員インフルエンザにかかっていたらもうインフルエンザウイルスが他の家族に感染する心配はいらないってことですよね!インフルエンザのウイルスは本当に協力です。

コンビニを利用するのでしたら鍋焼きうどんやおでんやバナナが人気あるようですね。それからポカリスエットや冷えピタ、マスクもコンビニで買えますから便利です。いつもはあまり買わない雑誌を買ったりして気分転換するのも良いですね。

インフルエンザに対する医師からのアドバイスでは、予防に努めることが大切なのだそうです。つまり手洗いやうがいをして、十分な休息とバランスのよい食事を心がけるという日々の健康的な生活が大切なんですね。

若いときには無理をしても平気だし、つい頑張って仕事をしたり、遊んだり、寝不足が続いたりしてしまいがちです。気をつけてくださいね。私も子どもが小さい頃は気力で(?!)インフルの子どもをだっこしてもインフルにかからなかったけれど。

あれっ?!そういえば、お母さんも絶対に移ると思うからと言って前もってお医者さんが私にも薬を出してくれた記憶があります。それからもしインフルエンザにかかって、十分に栄養が取れないときは、病院で点滴をしてもらえますよ。

発熱してから5日、解熱してから2日は感染力があるといわれているインフルエンザ。体力が落ちているとかかりやすいですから、心身共に丈夫でいたいです。

関連記事:インフルエンザ後に布団でうつるの?ファブリーズで除菌や干すと良い?

お大事になさってくださいね。

スポンサーリンク

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました