嫁が実家に頼りすぎで実家依存症かも?親が死んだら末路はどうなる?

妻が実家に頻繁に帰りすぎるからイライラしている夫が結構多いみたいです。嫁の実家が近くだと毎日のように嫁の実家に行っている実家依存症の嫁もいるのだとか。実家依存症はただ実家に頻繁に行くから実家依存症ということではありません。

それでは実家依存症とは何?

それから小さな子供がいる場合には嫁の実家に助けてもらうことも多いでしょう?

ここでは嫁が実家に帰りすぎで困っている旦那の悩みと、解決策、妻と夫の末路はどうなるのか?違う視点から考えられないか?などを調べました。

嫁が実家に頼りすぎ、夫の気持ちは?

ただ嫁が実家に頻繁に行っているとか、母娘の仲が良いことが夫をイライラさせているのではないと思います。

夫婦で話し合って決める事柄を実家の両親に相談して決めていたり、夫の欠点を両親に話して愚痴を言ったり、なんでも親に話し過ぎていたりということが夫がイライラしている理由ではないかしら?

旦那は「もっと自分を頼ってほしい」という思いがありそうです。「もっと自分に優しくしてほしい」とか、仕事から帰ったら「もっと妻にいたわってほしい」とかも感じているかもしれません。

何日も家を空けて実家に帰っているということになると夫が妻や子供のために一生懸命に働いているのに、家に帰っても誰もいないからつまらない、寂しい思いをするとか、自分でご飯を作ったり(買ってくるかな?)掃除洗濯など家事をする大変さに疲れるなどの理由もありますよね。

責め口調でなく嫁に気を使っているあなたなら、自分の本心を嫁に素直に伝えるほうが良いと思います。まずは気持ちをきちんと伝えないと、心の中でわかってくれ、気づいてくれって思っていても絶対に気づいてもらえませんから。

実家に頼りすぎ、嫁の言い分は?

結婚しても、実家で生活した時間のほうが長いので、実家にいると落ち着くし、まだ自分の部屋もあるから。子供の面倒も親が見てくれるから、自分の時間が持てて楽ができるというのが理由だと思います。

小さな子供がいると育児が本当に大変ですから、その気持ちはすっごーくわかります。私の場合は自分の実家が遠くて夫の実家が近かったので、自分の実家に頻繁に行くことは時間的にも金銭的にも無理でした。

夫の実家には、なぜだか「わたしゃ子守はごめんだね~!」と大声で叫ばれていたのでひとりで子育てをしました。夫は手伝ってくれませんでしたよ。「近くの実家に頼ろうったってそうはいかないよー!」と一度も頼ってないのに会うたびに大声で怒鳴りちらす義母。(笑)

まあ、これはちょっと珍しいパターンだと思いますが、ともかく一人で子育てをする大変さはとってもよくわかります。人間楽なほうが良いですものね。

自分に用事がある時だけ、実家に子供の面倒を頼むということは誰にでもあることだと思いますが(私自身は一度もありません😢)、何の用もないのに実家に入りびたりになるのは旦那が嫌いなのかな?って思います。

結婚生活をつづけたいなら、親や子供だけでなくて、夫にも寄り添うことが必要です。昔と違って今は離婚も簡単なことのようですが、やっぱりできれば離婚せずに軌道修正できたら良いな~と思っていますよね。

夫に暴言暴力がなければ、楽しく生活できるようにお互いに相手に少しだけ優しくなれれば良いですね。結婚して新しい家庭を持ったら、実家に帰りすぎないようにしてみようかな?ってちょっと頑張ってみるのも大切かもしれません。

順番からいって、親よりも長生きするわけですから、親がいなくなったあとにあなたのそばに居るのは旦那さまですよ。子育てが終わって、あっという間に数十年たちます((+_+))。親の介護が待っているかもしれません。

そのときはぜひひとりで大活躍してください。私の場合は私自身が行ったり来たりしながらケアマネージャーさんにお世話になり~の、老人ホームにお世話になり~の、とても大変でしたが、実家が近ければ介護の選択しも多くなって、そのころには旦那様も理解してくれるでしょう。

実家依存症とは?

『実家依存症』とは、母と娘の関係で起こりやすいそうです。母親の意見を尊重する娘が異様なほど母親に依存します。

このような依存する関係が成り立っていると、単に頻繁に実家帰るだけでなく、ささいなことでも母親に相談して、精神的に夫よりも母親を頼っています。もちろん夫の暴言暴力などはないのにということです。

これでは何か困難があっても、それを夫婦で乗り越えて新しい家庭を築くことが難しくなってきますし、頼られない夫としては寂しい思いをすることになるでしょう。

母娘の関係が共依存になっていることもあるそうです。近くに住んでいるとなかなか共依存から抜けですチャンスがありません。

実家依存症の妻と夫の末路はどうなる?

妻の母親が、娘の夫を敵視するようなことがあると、夫婦の関係がギクシャクするようになってしまいますね。母親と娘に実家依存や共依存の自覚がないところが問題です。

実家依存症や共依存症でなければ話し合えば良いですが、実家依存症のときには夫と妻の間に修復できない亀裂が入ることがあります。実家依存が離婚の原因になることもあるそうですよ。

実家依存症の嫁に夫は逆転の発想はどう?

結婚して新居に住んだのに、妻が月に半分も実家に帰っていていない・・・こんなの嫌ですよね。子供にだって会いたいし、結婚したのに、妻が働いていないのに、なんで家事を自分でしているんだろう?

でもね、独身時代よりも結婚生活のほうが長い可能性が高いです。妻の実家に夫も一緒に訪れなければならないのではなくて、妻だけが、妻と子供だけがいないなら、そのときは独身になったつもりではねを伸ばしてしまうっていうのはいかがでしょう?

羽を伸ばして遊ぶって言ってもお金がなくてはどこにも行けないとか、仕事ばかりで遊ぶ時間もないとか、難しいかもしれません。

自分の好きなものを食べて、好きなテレビ番組をみたりなら家でもできるかしら?ゲーム三昧とか?友人を呼んでパーティ?

嫁の実家の親が死んだら末路はどうなる?

親が死んだら兄弟に頼るのでしょうか?いえ、それは違うでしょう。母親に頼りすぎていたら、母親が亡くなったら凄く孤独になってしまうでしょうね。子供が親離れできないのはまず親が子離れできていないのが問題です。

家が近くて、親や兄弟姉妹が頻繁に行き来すること自体はお互いに慕いあって、仲が良いので良いと思います。仲が良いのと依存症は別ですからね。もし嫁が精神的に依存している親が亡くなったら、兄弟姉妹よりも子供がいたら子供に依存するようになるケースが多いです。

そうなると断ち切れない悪循環ですね。親が亡くなる前に夫婦間が上手くいかなくなって、離婚することもあるそうですから、そんな状況ならなおさら実家依存症の元嫁は自分の子供に依存するようになってしまいますよね。

実家依存の嫁は、その親も娘に依存している場合が多いですから、この共依存は世代交代して同じことを繰り返す可能性が大きいです。親孝行のためではなく、お互いがお互いに甘えるためです。

子供が実家依存症にならないためにまず親が子離れしなくちゃね。

親は最初は苦痛かもしれませんが、自立すること、自立させることは大切ですから意識して距離をおいてみるのも良いです。お金に余裕があると面倒を見たくなるかもしれませんが、子供を金銭的に頼らせないことも自立させる上で重要です。

子育てのゴールは子供を自立させることです。

頑張れ!

この記事のおわりに

子供の頃、若いころは親や親せきの人から可愛がられて親切にされた経験があって、それがいつの間にか自分が相手に与えてあげる側になっています。親子で助け合うことは大切ですが、それぞれが自立して生活することも同じくらい大切ですね。

田舎に住んでいて進学や就職で親と子供が離れる時は、凄くいいチャンスだと思います。寂しい気持ちもあるけれど、物理的に離れないといつまでたっても自立するのが難しいし、親のほうも子離れするのが結構大変なんですよ。

都会に住んでいるほうが親元から学校や会社に通えてラッキーみたいに感じている人が多いかと思いますが、自立するという面から考えてみたら、金銭的、精神的に自立する絶好の機会です!

良いことも悪いことも、すべて良いことのほうに繋げていけると楽しく過ごせそう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!